「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

L+Sのブログ、移行しました。

ライフアンドシェルター社のブログ、長らくこちらで続けていましたが、2014年からこちら へ移行いたしました。

今後もライフアンドシェルター社をよろしくお願いいたします。



# by ben_matsuno | 2014-03-28 18:51 | news/お知らせ

「食と建築土木」(LIXIL出版)

「食と建築土木」著:後藤治・二村悟、写真:小野吉彦(LIXIL出版)にコラムを書かせて頂きました。

f0003829_14302435.jpg


本著は、農家や漁師さんたちが生業のために作った構築物(櫓、小屋、覆い、風除けなど)を、日本全国から集めた、希有で、楽しく、美しい本です。
著者のひとりである二村さんからいただいた「現代建築の文脈で何か一言書いてもらいたい」という要望を元に、「一次産業のための工作物」の魅力を解きほぐしてみました。

写真も綺麗ですし、随所に添えられた紙版画もかわいいです。

本屋さんには今週から並ぶ予定ですので、見かけたらぜひ手に取っていただければと思います。


Amazonで、初めて自分の名前が載っているのを目にしました。嬉しいものですね。
[ben]
# by ben_matsuno | 2013-11-21 14:52 | published/掲載・放映

場所の潜在力を引き出す4つの設計手法

f0003829_17175746.jpg

急に寒くなってきましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

セミナーのお知らせです。
来る12月7日土曜日、15:30から新宿のオゾンにて、セミナーを開催させて頂くことになりました。
詳細はこちらをご覧下さい。

基本的にプロ向けのようですので、メーカーの方々、製作に携わっている方々にお越しいただき、ネットワークを広げられたらと考えています。

ぜひ、お足をお運びのほど、お願い申し上げます。
# by ben_matsuno | 2013-11-14 17:18 | news/お知らせ

「ノイズを設計する」展 はじまりました

f0003829_041453.jpg

彰国社「ノイズを設計する-あたりまえの建築をめざして」刊行に合わせて企画された展覧会が、先週末からはじまりました。初日のオープニングレセプションにご来場いただいた方々、ありがとうございます。

【会場】プリズミック・ギャラリー
【会期】2013年7月20日(土)- 2013年8月23日(金)日祝定休
8月14日(水)- 8月18日(日)夏季休業
【時間】10:00〜18:00

会場では、本の内容を再構成したコンテンツに加え、最新のプロジェクト【明圓寺納骨堂 游心庵】を展示しています。
里山の一角にたたずむ、場所の音を聴く、祈りの場所です。

お暑い中ですが、多くの方々にご高覧いただきたいと思います。
よろしくお願い致します。
# by ben_matsuno | 2013-07-23 00:48 | news/お知らせ

ノイズと対話する/「あたりまえ」を再構成する

f0003829_1394286.jpg

ほぼ2年ほど前から手がけていた本、「ノイズを設計する」(彰国社)ができ上がりました。
建築家、伊藤博之さん、川辺直哉さん、田井幹夫さんたちとの共著です。

それぞれの建築家の作品を4人で訪れ、その建築の面白さについて対話を繰り返してきました。建築にまつわる雑然としたものごとを、僕たち建築家がどのように建築にまとめていくのか、そのプロセス、ニュアンス、感覚が、4人の対話によって、目の前に晒されています。

書店、アマゾンなどでお手に取って頂けると幸いです。

冒頭のイントロ文章、少し長いですが下記に記します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東日本大震災を経たいま、近代以前から綿々とつづいてきた、あたりまえの日常をもう一度捉え直してみたい。

雑然としたノイズを含む具体物。それは私たちの日常生活を生き生きとさせてくれる、ビタミンのようなものかもしれません。「あたりまえさ」に正面から真摯に向き合い、設計に組み込んでいくことによって、近代の先にある豊かさ、必然性を獲得できるのかもしれない。

そのような姿勢に共感する4人の建築家が数年に渡り、それぞれが設計した建築の現場に足を運び、対話を繰り返してきました。本書はその記録です。

近代社会、あるいは科学は、分析、つまり「分けて理解すること」を基礎としています。
渾然一体となった世界を二分し、いいものと悪いもの、使えるものと使えないものに分ける。本来は一体となって全体のつながりの中で生きていたものを、断片化した部分として、要素として、ラベル付けし、ファイリングする。それが科学的理解というものの本質です。

建築・都市においても同様に、寝る場所と食べる場所、住む場所と働く場所、仕上と構造、紫色と赤色、敷地の中と外、設計に取り入れるべきものと排除するべきものを分けてきました。敷地の中と外を分け、日常と非日常を分け、できるだけ扱う項目を減らし、周囲から分断された世界を構築する。従来の世界からの距離が遠ければ遠いほど良しとされる。それが近代建築が行ってきたことです。

しかし、建築がモダニズムの100年を経ても依然として、私たちの周囲には雑菌だらけの混濁した環境が広がっています。勝手に置かれた植木鉢、瓦屋根のイミテーション、安いサイディング、階高の違うビル群、統一されないファサード、暴力的に走る高速道路、スプロールする市街地、原色のネオンサイン、三面護岸された川、排気ガスに霞む山々。

私たちは、そういった「やるせないとされてきた世界」を愛したいと思います。そこに確かに存在するものが発する「声」を聴き取りたいと思うのです。それは小さな声かもしれないし、とりとめなく広い帯域に分散した雑音であるかもしれない。西洋音階による美しいメロディを奏でていないかもしれない。
それでも、実際に聞き耳を立ててみると、そこには確かに、空気の振動があり、音があり、豊かな倍音と固有のサウンドがあることがわかります。ノイズとして見捨てられてきたフィールドへ可聴域を広げ、ノイズを調律し、センサーの感度を上げて世界認識の解像度を上げてみると、設計のための広い沃野が広がっていることがわかります。

大きな身振りで驚かすのでもなく、純粋さを極めていくのでもない。あくまでも身の回りの具体物が発する文脈や感覚を積み上げていくこと。あたりまえのことをきちんと捉え直して、再校正すること。それによって本書に記されたような、いくつかの興味深い試みが実現されています。

みなさんが、身の回りのノイズと対話し、あたりまえを捉え直す方法の参考にしていただければと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
刊行に合わせて、2013年7月20日から、外苑前のプリズミックギャラリーで展覧会も行います。
展覧会については、こちらをご覧下さい。

展覧会では、本書の内容の他、最新作の展示も行います。
みなさま、こぞってお越し下さい。
# by ben_matsuno | 2013-06-30 13:31 | published/掲載・放映

建築ジャーナルで取材していただきました。【釜石市小白浜公営住宅】

f0003829_18505185.jpg

釜石市小白浜公営住宅の設計プロセスを、「建築ジャーナル」さんに取材していただきました。2013年6月号「地域の話題」のコーナーです。

建築ジャーナルの発行人・編集長である中村文美さん自ら取材しにきていただきました。

奥付のページにある「建築ジャーナルの編集方針」には、こうあります。
1・・・市民、利用者にとっての建築・都市への問いかけと批評
2・・・中央集権主義から地域主義へ。地方自治、市民自治による「まちづくり」をめざす
3・・・人間環境を大切にし、地球環境に負荷をかけない建築づくりをめざす
4・・・市民=公共のための設計業務・建築プロフェッションの確率をめざす

建築メディアの浮き沈みがあるなか、1978年の創刊から綿々と続けていらっしゃること、骨太の編集方針に対して、敬意を表します。取材していただいたこと、励みにします。

デジタルでも購読できるそうですので、皆様、ぜひご一読いただければと思います。

[ben]
# by ben_matsuno | 2013-05-31 10:48 | published/掲載・放映

西荻の住宅 完成しました。

f0003829_17415589.jpg

f0003829_17312284.jpg

西荻窪のリフォーム、工事がほぼ完了しました。

今回は、比較的築浅の住宅で、部分改装です。
・間仕切りを撤去して構造補強梁を入れる。
・階段のやりかえ:ブラックチェリー材
・ドアの新設:ピーラー材
など。
実は知り合いの会社が設計した住宅で、部分的に解体してみると、元の工事もかなりしっかりとした工事だったことがわかりました。いい工事は、下地もいい仕事をしていますね。

クライアントさんのセンスもよく、インテリアだけではなく、家具も素敵なものばかりでした。
その家具と親和するように素材を選び、形を決めていきました。

工務店、大工も、気心の知れたチームでできたので、仕上がりや納まりも高い質を実現できました。質感の良い空間ができました。素材の力は大きい。

※残すは、表札とブラインド。こちらも素敵なものになる予定です。


[ben]
# by ben_matsuno | 2013-05-30 17:45 | 作品


Natural LIFE, comfortable shelter.


by ben_matsuno

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

シェア居住のすすめ
辺境的中心
作品
考えたこと
ヒトとのつながり
読書の時間
音楽と空間
技術・具体
コソダチの四面体
published/掲載・放映
news/お知らせ
gallery/ギャラリー
etc.

検索

以前の記事

2014年 03月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
more...

ブログパーツ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
住まいとくらし

画像一覧