【kinoco/9坪ハウス】一年後

f0003829_12245586.jpgf0003829_12262620.jpg【kinoco/9坪ハウス】竣工後一年が経過したのを期に、の円徳建工小澤さん、大工の佐藤親方たちと一年点検に行ってきました。外構の枕木の間に植えられた草花、外壁の米杉板(ウィルウォールという防火対応の製品)が、程よくエイジング。建築がいいのは、時間を含んで育っていくところ。

点検の方は、懸念されるような大きな問題点はなかったので、初期的な不具合(壁のシミ・塗装面・取手などの補修)をその場で行いました。このように超迅速に対応してくれるところが施工会社の質。円徳クオリティと呼べるでしょう。

大きな問題はない、とはいえ、今年の梅雨の時期には地下室に収納していたものがカビだらけになってしまったとのこと。
地下室の結露とは、地下の温度は比較的恒常的で、夏涼しく、よって空気中に含むことのできる水分が少ないため、地上の温度が高い(つまり含まれる水分が多い)空気が入り込むと、空気中に水分を含むことができなくなって、水滴として現れてくる、という仕組みで起こります。
今回は、壁には結露が起こらず、収納していたものと床の間など、空気の流れが少ない箇所に集中していたとのことですから、竣工一年目でコンクリート躯体が発散する水蒸気が多いこと、空気の流れが少なかったこと、などが原因として考えられました。

今年の冬と夏を超え、コンクリート躯体の水分も少なくなっており、充分な空気の流れを作ってあげれば(扇風機を回すなど)、症状は減ると考えられますが、来年の梅雨の時期にもしまだ結露気味の環境であればエアコンを追加するという対策方針をお伝えしました。エアコンは設置可能なようにスリーブを用意してあります。用意周到。




f0003829_12254297.jpgその後はクライアントさんのご厚意に甘えてバーベキュー大会へ突入。メキシコ製の壷で焼いた肉・野菜、ビール、焼酎をおいしくいただき、男性陣、真っ赤に出来上がりましたw。

[ben]
by ben_matsuno | 2009-11-12 12:49 | 作品


Natural LIFE, comfortable shelter.


by ben_matsuno

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

シェア居住のすすめ
辺境的中心
作品
考えたこと
ヒトとのつながり
読書の時間
音楽と空間
技術・具体
コソダチの四面体
published/掲載・放映
news/お知らせ
gallery/ギャラリー
etc.

検索

以前の記事

2014年 03月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
more...

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
住まいとくらし

画像一覧