ソーシャル・アーキテクチャー:社会の仕組みづくり

歴史を紐解くと、近代(アドルフロース、グロピウスら)が設定した近代建築の主旨は、社会のニーズを掘り起こし、次の社会の基本構造<アーキテクチャー>を先取りしてつくりだすことだったことがわかる。
「近代建築=インターナショナルスタイル」と捉えられがちだが、その前に、中世の建築(ボザールを代表とする)のあり方(プロポーションや様式美、オーダー秩序からなる)の非効率性・使えなくなってきたこと、から、決別する必然性を持っていた。

現代に照らし合わせると、「建築家」は、アートや美術的側面に注視しすぎて、「社会の要請に応える」ということを見落としてきたのではないか。むしろ、ネグレクト、さぼってきたのではないか、とさえ思える。行き過ぎた分業体制というのは、デザイナーはモノに直接タッチしない。施工者がつくる。建築家・設計者は指示する。監理はするが、手は出さないといった姿だ。

建築家は、もっと自らの手でモノに触り、モノを加工し、手触りをかたちにするべきだし、もっと、自らの身体で人と接し、人の話しに耳を傾け、その中から必要とされていることを抽出するべきなのではないか。自らの内面にある質感・手触りをかたちにすること。

現代の(少し未来を見据えた未来の)、社会(=人々の集まり)の要請は何だろうか?
縮小社会の中で、いかにポジティブに生き延びていくか。そのための具体的方策と環境=場所のあり方、プログラム。
コミュニティの問題、教育の問題、家庭の問題、子供たちの問題。

そういった、社会が要請モノゴトに対して、直接、具体的に、応えていけるような一年にしたいと思います。
そのための具体的な姿は、追々、発表していけると思います。

今年の初心表明でした。

[ben]
by ben_matsuno | 2012-01-01 08:15 | 考えたこと


Natural LIFE, comfortable shelter.


by ben_matsuno

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

シェア居住のすすめ
辺境的中心
作品
考えたこと
ヒトとのつながり
読書の時間
音楽と空間
技術・具体
コソダチの四面体
published/掲載・放映
news/お知らせ
gallery/ギャラリー
etc.

検索

以前の記事

2014年 03月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
more...

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
住まいとくらし

画像一覧