ものづくりのチーム

f0003829_12335587.jpg


【kinoco/9坪ハウス】(2008年)【naname】(2009年)【多摩センターの住宅】(2010年)、そして昨年2011年は【千駄木の住宅】と、毎年、一作品というペースでおつきあいいただいている円徳建工の小澤さんが「SE構法」の冊子「SE105」に掲載されました。

僕とおつきあいいただける際には、僕は設計者、彼は施工者という立場として接するのですが、今回は、設計者+施工者として取り上げられています。
建築のポイントは、
・よりラーメン構造に近い「SE構法ver2」という新技術を使い、妻面方向の耐力壁をなくす。
・サッシの規格寸法に合わせて梁の位置を決め、梁に直接、サッシを取り付ける。
・内壁の仕上げパネルの割り付け寸法を無駄材のでないようにコントロールする。
など、設計と施工の間を行き来する小澤さんならではの観点が盛り込まれています。
構造だけではなく、仕上げ、納まりに関しても、細部まで考え尽くされている。

これを見て、今後の建設業者、特に中小規模の工務店とそこを支える人のあり方について、考えさせられました。
ひとつ。
施工者であれ、設計者の目線を常に自分の中に持つこと。
構造を工夫する、構造設計者と新しい工法のあり方や作り方について綿密にやり取りをすることは、良質な設計者であれば日常的に行っていることです。それを施工の立場と絡めて考えることは、設計者でできている人は少ないと思う。一方で、施工業者や現場監督で構造やパネルの割り付けについて、言及できる人もまた、少ない。下手をすると現場監督は、右のものを左に流す、設計者の(そしてクライアントの)言われた通りに(何も考えずに)発注する、下請け業者を手配するという業務で手一杯になっているひとがほとんどだと思う。
その中で、円徳建工の小澤さんのような立ち位置をとって、それこそリベロのようにフィールド内を走り回る体力と技術を持っている人物は希有だ。でも、その能力こそ、これからの工務店・ものづくりを支えるにあたって欠くことのできない資質である。

二つ目。
継続的なチームを作ること。
今回の冊子には表立って取り上げられていませんが、僕の設計を施工してくれる際に現場に来るメンバーはほぼ固定です。基礎・コンクリート・鉄筋・建て方の鳶、建て方から造作に至るまでを担う大工、給排水・電気などの設備系業者。これら工事を担当するメンバーが固定であることは、彼が担当する現場のクオリティに直結しています。
現場監督が手配師のようになってしまうと、現場が変わればその都度、異なる大工、業者との擦り合わせで疲弊してしまって、その先に本来作り手が発揮するべき工事の質ではないところ(金銭的交渉とか)に相当な労力が裂かれてしまう。もちろんそういった現場でも、工事の質自体は何らかのかたちでキープするのですが、そのために裂く現場監督、および僕ら設計者の作業量は、物理的にも精神的にも膨大になります。
【kinoco/9坪ハウス】【naname】を担当してくれた大工の佐藤親方は【千駄木の住宅】でも大工として腕を振るってくれました。また【多摩センターの住宅】でも作業が佳境の期間はヘルプとして来てくれる。【多摩センターの住宅】のメインを担当してくれた御村大工は、【千駄木の住宅】にもヘルプで来てくれました。今回の冊子で取り上げられた住宅の施主も、実はその大工です。
その点では、長野県の【大地の景色】を作ってくれた現場も似たような構成でした。こちらは松本の工務店で、工務店も、大工も、設備屋もすべて「二代目」であるという。親同士が仕事で(そしておそらく地域社会で)繋がっていて、それを見て育った二代目が、それぞれ家業を継いで、息子同士で仕事をしている。地域と人がそのように継続して繋がっている姿は、都市部から見るとうらやましい限りですが、都市なら都市でまた別の繋がり方、継続のさせ方があるのですね。

三つ目。
ものづくりを楽しむ心意気を持つこと。
小澤さんをはじめとして、大工の佐藤親方、御村大工、鳶の杉さんら、みんな、ものづくりが好きで好きでたまらないということを公言してはばからない。お金も少し好きだけれど、それ以上にモノのこととそれを扱う自分のことが好きなのだ。
そしてその好きな自分のベースには蓄積された専門性をしっかりと持っている。そのベースを元に、何を目指すかというと、モノの幸せであり人の幸せである。こんな言い方はしていないと思うけれど、僕なりに翻訳するとそういう表現になる。
「モノの幸せ」とは、モノが、無理なく合理的に設計やクライアントの意図に沿ってその場に定着されている姿のことです。
「人の幸せ」とは、そういったモノで構成される住宅によって、そこに住む人、使う人々の快適さ・心地よさ・嬉しさ・楽しさが生まれている状態のことです。

いやはや、そういうチームと一緒に仕事ができて、僕も嬉しいですよ。
チームの一員として動けることが、嬉しく、また楽しいのです。
一定の緊張関係でありながら、新しいチャレンジをしていきたいですね。


[ben]
by ben_matsuno | 2012-04-26 13:47 | published/掲載・放映


Natural LIFE, comfortable shelter.


by ben_matsuno

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

シェア居住のすすめ
辺境的中心
作品
考えたこと
ヒトとのつながり
読書の時間
音楽と空間
技術・具体
コソダチの四面体
published/掲載・放映
news/お知らせ
gallery/ギャラリー
etc.

検索

以前の記事

2014年 03月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
more...

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
住まいとくらし

画像一覧