<   2008年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

【龍ヶ崎の住宅】オープンハウス

f0003829_10465726.jpg【龍ヶ崎の住宅】外構アプローチ部分の造作です。右側で水平を確認しているのは、現場監督をしてくださった株式会社オーテックの佐藤氏。
米杉のルーバーとコンクリートの階段、ポストボックス。表札のデザインもほぼ固まりつつあります。

3/2(日)オープンハウスを行います。
これまでいらしてくださった方々には、ご案内をお送りしましたが、まだ届いていない方、ご希望の方はご連絡ください。

ben@lifeandshelter.orgまで。

[ben]
by ben_matsuno | 2008-02-29 10:50 | 作品

【塩尻の住宅】模索しながら進む

f0003829_13524172.jpgf0003829_13525343.jpg【塩尻の住宅】現場は着々と進行中。先週末の塩尻は、2ヶ月先くらい暖かかった。気温がゆるむと現場の大工たちの仕事もはかどります。

上の写真は、軒裏の仕上げ。杉の小径材のルーバーで、軒裏換気します。塩尻は全国レベルで晴れの日が多いので、盛夏の室内空気環境に寄与するでしょう。左側に映っているのは外壁の下地です。丸い穴が均等に開いているのは、壁内通気のための穴です。西日に対する空気量を多くするためと、下部のガラス面の納まりから、比較的大きな下地材になっています。

一方の室内は、風圧に対抗するために、方杖が連続しています。ここの仕上げに関して、工務店、大工、設計、頭をつきあわせて施工方法を模索中。全体の寸法は出たものの、原寸スケールでの工法がまだスマートな方法に至っていません。
木造の場合とくに、実際に加工する大工の技量・考え方・得意不得意などにばらつきがあるため、設計段階でがちがちに詰めてしまうより、現場で試行錯誤する方が可能性が広がる傾向があるのです。次は実寸工法模型を作る予定。


[ben]
by ben_matsuno | 2008-02-25 14:01 | 作品

満開の南高梅

f0003829_12594227.jpg【foo】のアプローチに植えてある南高梅が満開です。都心の隙間のようなところでもきれいに咲いています。

上の子が生まれたときに植えたものなので、今年で6年目になります。梅は枝の剪定を強めにするのがいい樹形をつくり、花をよく咲かせるコツだそうです。いわば、自然と人為がリミックスされた状態。伸びた枝を切るのは人の営みですが、その後どの方向に新しい枝を出すのかは偶然に左右されます。
完全に人為でもなく、完全に放置された自然でもない、その状態がある種の美しさにつながる。建築やデザインもそういう面があるように思えます。

昨年の剪定がうまくいったのか、今年は蕾の数も多く、さわやかな香りが辺り一面に漂っています。梅雨にはたくさんの実をつけてくれることでしょう。今年は梅酒が漬けられるかな。

[ben]
by ben_matsuno | 2008-02-20 13:08 | 考えたこと

【kinoco】9坪ハウス 地鎮祭

f0003829_12171475.jpg9坪ハウス【kinoco】、板橋区にて地鎮祭を行いました。

オリジナル・モデルから、数々のカスタマイズを行い、地下室のある【kinoco+】として、デビューです。
桐の床材、応力度計算を行う木質構造:SE工法など、木の性能をふんだんに使った、小さな住宅で、各所にある床の段差が、機能を生み出す構成です。

施工は円徳建工株式会社。担当は小澤さんです。
プロデュースは株式会社コムデザイン

施工プロセスのレポートは
コムデザインさんのサイトにもアップされていく予定です。

[ben]
by ben_matsuno | 2008-02-19 12:30 | 作品

【龍ヶ崎の住宅】竣工

f0003829_16385440.jpgf0003829_16363543.jpg【龍ヶ崎の住宅】竣工しました。若干、器具取り付けなどを残していますが。四角い小さなボックスがちりばめられており、それが家全体の構造になっています。子供たちの姿が、見え隠れする住宅です。

1階の床は、カバ材のフローリング。

オープンハウスを3月の上旬に予定しています。
茨城ですので、東京から少し遠いですが、
ご希望の方がいらっしゃればご案内お送りいたします。

[ben]
by ben_matsuno | 2008-02-18 16:43 | 作品

何をどのように見るか

f0003829_17264128.jpgしばらく前のことですが「中銀カプセルタワー」の前を通りかかったときのこと。

一般的には
地面からカプセルタワーが立ち上がっているようなイメージとして
流布しているように思いますし
僕もそのように思いこんでいたのですが
実物はさにあらず。

基壇と背後が
オーソドックスなオフィスビルに取り囲まれて
というよりも、
オーソドックスなオフィスビルの一部だけが
カプセルタワーなのです。

少し残念に思ったり、
ほっとしたり。

※携帯で撮影した写真なのでプロポーションがいつもと違います。

[ben]
by ben_matsuno | 2008-02-15 17:29 | 考えたこと

ココ

f0003829_11342027.jpg2008年2月13日朝4時50分ごろ、女の子が無事生まれました。お祝い頂いた方々、この場を借りて、御礼申し上げます。ありがとうございます。

サイズはちいさいですが、
よくできています、赤さんというものは。

[ben]
by ben_matsuno | 2008-02-14 11:36 | コソダチの四面体

爪先の意志

人は階段を下りるとき、爪先から着地する。
階段が終わって着地した後の一歩目から、
踵から着地するように変更する。

これらの一連の行為は
無自覚的に行われる。

こういう
極日常のディテールが
デザインの素形につながるように思える。

※ちなみに、階段を上るときも、ほぼ爪先で着地する。

[ben]
by ben_matsuno | 2008-02-12 10:17 | 考えたこと

【龍ヶ崎の住宅】竣工間際

f0003829_18345554.jpgf0003829_18358100.jpg今日は【龍ヶ崎の住宅】の現場へ行ってきました。竣工間際で各所のチェックです。現場監理では晴れた日が少なかったので、久々の青空です。
2階床の仕上げは「桐」。

白色の景色が広がります。

※床にあいている穴は、薪ストーブの煙突用です。

[ben]
by ben_matsuno | 2008-02-11 18:38 | 作品

【dot】Renewal

f0003829_1134788.jpg【dot】table、脚をリニューアルしました。

これまでいくつかの脚を試してきたことや、自分たちの事務所で使う家具をいくつか作ったりして、テーブルスケールの力の働き方がようやくわかってきた。
実地、実物で検証することは、なるほど大事である。

頭で考え、実際にもので検証し、さらに頭で理解する。
このようなプロセスが、デザインには欠かせないと痛感。

[ben]
by ben_matsuno | 2008-02-09 12:21 | 技術・具体


Natural LIFE, comfortable shelter.


by ben_matsuno

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

シェア居住のすすめ
辺境的中心
作品
考えたこと
ヒトとのつながり
読書の時間
音楽と空間
技術・具体
コソダチの四面体
published/掲載・放映
news/お知らせ
gallery/ギャラリー
etc.

検索

以前の記事

2014年 03月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
more...

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
住まいとくらし

画像一覧