<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

【夏の山村】#3_豊かな食

f0003829_19282169.jpgf0003829_19283141.jpgf0003829_19284197.jpgf0003829_19284945.jpgf0003829_19285834.jpg福岡の山村は食が豊かです。

分母庵の朝食は、江副さんのブログにもあるとおり、野菜中心の玄米食です。これが実に旨い。鰹出汁が効いたみそ汁、すり胡麻、海の塩などに彩られ、野菜食とは思えない濃厚な味覚です。

昼食や夕食は、僕たちゲストがおじゃましたせいか、さらに豊か。
手元のメモに書き残した範囲でも、鳥の塩焼き、野菜の天ぷら(絶品)、厚揚げジャコ油和え、ゴーヤと鰹節の佃煮、茄子の辛子和え、野菜カレー(堀田貴子さん作)、手作りピザ(子どもたちが盛りつけ)、手作り餃子(松野作)、もつ鍋(!!)、鮎の炭火焼き(江副名人が釣った27cmクラス!!)、山桃豚の炭火焼き(リバーワイルド杉さんご提供!!)、鮎のソテー(もちろん江副名人釣り、トマト・バジル・ガーリック)、アンチョビとキャベツのパスタ、カボチャの揚げ出し……。
以上、外食ではなく、ほとんどが奥さんでもある由佳さんの作。
いやはや、いま書き出しただけで垂涎です。

決して食材の種類が豊富なわけではないのですが、「豊かさ」とは、選択の幅の豊富さではなく、厳選された素材の奥行き、であることを痛感しました。(霜降り牛とマグロのトロとトマトと大根を一緒に食すことが豊かさではない。)

これに加え、江副さんにご案内頂いた各所外食どころでいただいた、鳥皮・鳥モモ・砂ズリの刺身、冷や汁、惣夫恋の焼きそば、最終日の本場豚骨ラーメン、鳥鳥鳥々々……、悦楽です。

写真もいつもより多めにアップロードしています(笑)。

[ben]
by ben_matsuno | 2008-08-28 19:32 | コソダチの四面体

【葉山の住宅】上棟しました

f0003829_19375234.jpgf0003829_1938447.jpg【葉山の住宅】先週末に上棟式を行いました。
大工さんと話をしていたら、葉山一色に住む友人建築家K氏の隣人であることがわかり、あまりの奇遇に盛り上がりました。
聞けば、奈良の古い宮大工のところで修行をされていたそうで、まだ若いのにしっかりしています。建築は人が作るので、信頼できる作り手と出会えることはとても大きな価値になります。

[ben]
by ben_matsuno | 2008-08-25 19:38 | 作品

【積層の景色】

松下電工の住まいと暮らしの総合サイト「すむすむ」に、越谷の住宅【積層の景色】が掲載されました。記事はこちらです。

[ben]
by ben_matsuno | 2008-08-22 17:47 | news/お知らせ

【夏の山村】#2_民家の光

f0003829_18432455.jpgf0003829_18444310.jpg宝珠山の江副家は「分母庵」と呼ばれるクラシカルな日本家屋です。
平面を格子状に割っていった、いわゆる「田の字型」プラン。それぞれの部屋が直接次の間に襖や板戸を介してつながっています。襖・板戸を開くと両側に扉が残るのですが、これによって奥行き感がより鮮明になっていて、空間のヒダを感じ取れます。

軒が深く、九州の強い日差しは、一度地面に反射してから室内をほんのりと照らします。
土間の上は、小屋組みが現しになっていますが、限りなく暗い空間が広がっています。ところどころの隙間から漏れる点光源が影の黒さを際だたせています。
開口部に目を向けると、障子による拡散光を背景に、逆光のなかに像が浮かび上がります。
谷崎潤一郎が『陰影礼賛』で書き留めた影の奥深さが、「分母庵」に息づいています。

田の字型プラン、民家の陰影、いずれも、後から発見された価値なのかもしれないと思うのです。
伝統的な民家は、建築が建てられた当時の技術・工法・コストバランス・素材の選択可能性といった「制約条件」、実現したい機能・目的といった「作り手の意図」、これらのバランスのうえに作り上げられた建築です。しかし、作られた当時に「田の字型プランの空間重層性」「深い軒先が作り出す逆光像の美学」といった言葉が語られ意識されていたのかどうか。
それよりも、夏を過ごしやすくする工夫であり、生活動線のつながりを空間化する、といったことこそ、主に考えられていたことではないでしょうか。

素材技術の制約、作り手の意図、その結果生じる価値。
この3つは部分的に重なりはしても、すべてが一致するわけではないのです。デザインする僕たちは、これら3つのあいだを横断し、これら3つを編み込んで建築に結びつけていきたいと思うのです。

[ben]
by ben_matsuno | 2008-08-18 07:17 | コソダチの四面体

【夏の山村】#1_源流から

f0003829_1133623.jpgf0003829_114557.jpg今年の夏休みは、3年越しの念願、江副直樹さんのところへ長逗留させて頂いています。

江副さんは福岡県のなかでも大分県にほど近い、宝珠山に事務所とご自宅を構えていらっしゃるプロデューサーです。地場産業のコンセプトワーク、デザインディレクションなど数多く手がけられており、人のつながりも広く深く、様々な方々をご紹介頂いています。
子どもたちの年齢も近く、東京にお越しの折りにはうちに泊まって頂いたり、柿豚の会を開いて頂いたり、家族ぐるみのおつきあいです。

山の斜面を覆う杉林、幾重にも積み重なる棚田、その間を流れる小川、所々に築かれた石垣の上に木造民家が点在しています。畑ではニラをはじめとしてさまざまな野菜が採れ、小川にはヨシノボリやハヤ、カエル、沢ガニ、オニヤンマが行き交っています。車で20分も行けば清冽な湧き水もあり、湧き水で入れた美味しいエスプレッソを片手に、いまこのブログを書いています。

そんな山村にもADSLは届き、民家の中では無線LANによってどこでもインターネットにつながることができます。宅急便はもちろんのこと、アスクルだってきちんと注文の「明日」に届きます。TSUTAYAでDVDも借りられます。

Google Mapで宝珠山と、僕たちが暮らす東京同じスケールで切り取ってみました。
宝珠山:林立する杉林・地形を縫って流れる川筋・点在する民家……。
東麻布:林立するビル・ビルのあいだを縫って走る高速道路・点在する緑地……。

山村は、木材、水、食材の源流です。
都市は、その点で末端に位置しています。物流の果てる場所。
しかし、もはや山村と都市という二項対立で捉えるべきものではなく、山村と都市が環流で結ばれることを模索してみたいと、切実に感じ取っています。


江副さんのブログ記事
もあわせてご覧ください。


[ben]
by ben_matsuno | 2008-08-15 11:05 | 辺境的中心

【田園調布南の家】模型の山

f0003829_14151133.jpg【田園調布南の家】設計を始めました。

光の取り入れ方、風の抜け方、空間のまとまり、敷地内でのあり方、などをスタディしています。
設計開始から、模型の山です。もうすでに20個以上は作っていると思います。

小振りな住宅ですが、クライアントさんが比較的自由な発想の方なので、楽しい家を設計したいと思っています。

ライフアンドシェルター社は、明日8/13(水)から18(月)まで
夏期休暇とさせて頂きます。
僕たちは、模型の山からひととき離れて、
本物の山村に行ってくる予定です。

皆さんもよい夏休みを。

[ben]
by ben_matsuno | 2008-08-12 20:11 | 作品

【kinoco/9坪ハウス】米杉

f0003829_13335851.jpg
f0003829_13341343.jpg【kinoco/9坪ハウス】内部造作が進行中です。

各所にある「段差」の下地・床仕上げができつつあります。

外部は、外壁仕上げ、サッシ・扉関係、庇などの製作金物も取り付け済みで、足場もはずれました。外壁仕上げは、防火加工された米杉材「ウィルウォール」。

米杉の外壁仕上げが【積層の景色】、【塩尻の住宅】と続いています。

庇は、機能・性能・形状、いろいろな検討の上、このようなさりげないあり方になりました。結構お気に入りです。
雨が降っているときに、改めて見てみたいです。

局所的な大雨が多い今年。
皆さんもお気をつけて。

[ben]
by ben_matsuno | 2008-08-11 13:55 | 作品

【kinoco/9坪ハウス】大工の技

f0003829_1316362.jpg
f0003829_13162639.jpg酷暑のなか【kinoco/9坪ハウス】現場進行中です。

1枚目の写真は、SE工法金物とアルミサッシ額縁の取り合い部分。一般的には多少のクリアランスを見るのですが、今回は、ほとんどクリアランスゼロです。SE工法の精度と、大工の技の精度の競い合い。お寺の造作なども手がける大工、佐藤親方だからできることかもしれません。2枚目の写真が佐藤親方。

現場監督である円徳建工の小澤さんも、執拗に寸法を追い込んで、ミリ単位の攻防を繰り広げています。攻防とは言っても、設計監理の僕たちも含めて、現場監督、大工、職人さんたちが高い意識のもとでものづくりをしています。円徳建工小澤さんのブログも併せてご覧ください。

【塩尻の住宅】の現場もそうでしたが、関わる人々が積極的な意識を持ち続けられる現場にはいい空気が流れているように思います。オリンピック選手などが口にする「試合を楽しみたいと思います!」という感覚に近い。

世のなか、不況だと言われ続けていますが、真摯なものづくりを続ける場所は、全体的な不況とは異次元にあるように思いたい。

[ben]
by ben_matsuno | 2008-08-08 13:28 | 作品


Natural LIFE, comfortable shelter.


by ben_matsuno

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

シェア居住のすすめ
辺境的中心
作品
考えたこと
ヒトとのつながり
読書の時間
音楽と空間
技術・具体
コソダチの四面体
published/掲載・放映
news/お知らせ
gallery/ギャラリー
etc.

検索

以前の記事

2014年 03月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
more...

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
住まいとくらし

画像一覧